INDD 2012 - InDesignユーザーの祭典(2012年7月20日開催)に出演させていただく事になりました

2012/07/04

ホームページ制作にくらべ、電子書籍の制作の現場ではInDesignを触るケースが非常に増えて来ています。

雑誌、印刷物のデータとして提供されるファイル形式としてInDesignで制作されている事案がかなり増えている事と、InDesignはEPUBの書出しに対応している事と、ADPS(Adobe Digital Publishing Suite)を利用したインタラクティブコンテンツを制作する現場においてはInDesign不可欠だからです。

ちなみに、eBookProで発刊した電子書籍アプリ「クラウドおかあさん」もベースになるレイアウトはInDesignでiPhone用とiPad用を作成して、そこから開発工程に持って行って制作しています。

また、eBookProの定番であるJAZZJAPANとMUSICAについても編集部から提供されるデータは基本InDesignで提供され、そこから素材加工や現状はEPUB2での制作を行っていますが、先日谷川さんが書いていたように、この分野にはEPUB3の固定レイアウトでトライする日が来るような気がしています。

続きを読む

【告知】好評につき「EPUB3技術解説セミナー2」として今度はオーディオ・ビデオ埋め込みと固定レイアウト解説セミナーを28日に開催します!

2012/06/13

先日7日に、eBookPro共催で開催させていただいた「EPUB3技術解説セミナー1(固定レイアウト、フォント埋め込み、ウェブフォント)」は、多くの方にご来場いただき、質疑応答も含め大変濃いセミナー開催することが出来ました、ありがとうございます。

この日使用した200頁を超える境さんのePub3についての資料はこちらからごご覧いただけるようになっています。

また、当日の会場の様子を紹介する映像も急遽作成しましたのでご覧いただければと思います。

続きを読む

「Aurasma lite」を皆さんにどんどん活用しただくためのメモ

2012/04/21

先日以下のエントリをITmediaのオルタナティブブログのほうに書かせてもらいました。

『「Aurasma lite」で遊んでみよう』がリアルのほうで結構反響をいただいていており、「Aurasma lite」と「eBookPro AR」を皆さんにどんどん活用していただけるよう、利用方法についてメモを張っておきたいと思います。

続きを読む

【告知】4月27日 JEPA 第9回 EPUBセミナー~電子出版最前線~でeBookProの活動について講演します!

2012/04/17

この度日本電子出版協会 EPUB研究会主催のセミナーで講演する機会をいただきました。

特に狙った訳ではないですがeBookProでは音楽雑誌のePub化のお仕事を現在2誌担当させていただいており、毎月電子版の雑誌を世に出す仕事に携わらせていただいています。

今回のセミナーの内容は『「電子出版最前線」をテーマに、新しいコンテンツやその制作・販売の仕組みを切り開こうとしている方々を講師に迎え、最新の事例を紹介頂きます。』ということになっており、まだ今日の段階で具体的なことは掛けませんが、音楽雑誌ならではの取り組みから、ここ最近ブログで取り上げているネタと連動した、eBookProの考える電子化アプローチについてもお話させていただく予定でいます。

今回はわたしを含め4社の方々が登壇、制作系の話しだけでなく、紙も含めた電子出版プラットフォームの在り方について当事者の方々の話が聞けるというところでは大変お得なセミナーだと思われますので、こっち方面にご興味ある方は是非ご参加ください。

日程・場所などの情報はこちらとなります、よろしくお願いします。

一般社団法人日本電子出版協会 EPUB研究会主催
====================================================================
     JEPA 第9回 EPUBセミナー~電子出版最前線~
====================================================================

■期日:4月27日 15:00~17:30
■受付:14:30~
■会場:研究社英語センター(飯田橋)
    http://www.jepa.or.jp/seminar/images/101029_map.jpg
■参加費:JEPA会員社は無料です。
     http://www.jepa.or.jp/member/kaiinsha.php
     非会員は当日2000円を会場受付でお支払いください。
     宛先無記名の領収書を発行します。
■定員:200人(先着順)
■内容
 今回のJEPAセミナーでは「電子出版最前線」をテーマに、新しいコンテンツやその制作・販売の仕組みを
切り開こうとしている方々を講師に迎え、最新の事例を紹介頂きます。

・ePubと音楽の出合いは新しいメディアを興すのか?
 JazzJapan / MUSICAの制作現場から
 佐々木 康彦(eBookPro/有限会社シーエムパンチ)

・「個人が電子書籍で億万長者になる時代」における、
 電子出版プラットフォームの在り方
 細田 朋希(e文楽株式会社)

・紙を含めたマルチデバイス出版を誰でも手軽に 
 「あたらしい出版」サービスBCCKSについて
 田中 孝太郎(ゼロベース株式会社)

・オライリー・ジャパンのePUBフォーマットを支える制作システム
 武藤 健志(株式会社トップスタジオ)

詳細、お申し込みは
http://kokucheese.com/event/index/30836/

写真家ハービー・山口の電子書籍「LONDON 1973」のAurasmaを利用したARポストカード

2012/04/13

Aurasma(オーラズマ)とはヒューレット・パッカードグループのソフトウェア部門オートノミー社が開発した画像認識技術を利用してAR拡張現実を提供するビジュアルブラウザプラットフォームです。

グローバルに展開し、300万以上のダウンロード実績を誇る拡張現実(Augmented Reality: AR)プラットフォームAurasma(オーラズマ)を、革新的なコミュニケーション・プラットフォームとしてeBookProでは積極的に利用していきたいと考えています。

postcard_public.png
 

続きを読む

自社サイトとアマゾン連携を実現したハリー・ポッターの電子書籍販売サイト「Pottermore」から学ぶべきこと

2012/03/29

今日は先日当ブログで紹介した、一般社団法人メディア事業開発会議(MEDIVERSE)の

これを聴講してきました。

時を同じくして「ハリー・ポッター」シリーズの専門サイトPottermoreがハリー・ポッターの電子書籍を販売開始しており、Amazon.comもKindle向け電子版の専用ページを公開しています。

MEDIVERSEのセミナーでは、こちらの資料をベースにAmazonについての考察や解説が行われ、

続きを読む

告知:page2012カンファレンス「コンテンツビジネスの変革をどのように捉えるか」でムームーの森川さん、情報通信総合研究所の志村さんと3名で講演させていただきます

2012/02/02

毎度お馴染みとなりました日本印刷技術協会(JAGAT)のイベントpage2012が来週開催されますが、

  • コンテンツビジネスの変革をどのように捉えるか

というカンファレンスに出させていただくことになっております。

続きを読む

アップルの電子教科書にいち早く対応した出版社3社の教科書コンテンツをダウンロードしてみた。

2012/01/26

iBooks Authorを使った教材制作について先週末から何とか少しづつ時間を作って試行錯誤してみたり、海外で販売されている教科書コンテンツをダウンロードしてみたりと慌しい時間が過ぎております。

このタイミングで教科書の電子化に反対、賛成いろんな意見が当然、ましてや登場したばかりのこのツールが完璧なわけもなく、当然紙のほうが優れている部分だってあります。

電子化を推進したい側からするとこういう教育効果についての数字は大事かと思われ


米カルフォルニア州の中学校で、iPadを利用したデジタル教科書利用者と、紙の教科書利用者の試験的比較調査を行い、結果を発表した。同調査ではiPad利用者が約20ポイント高い成績を残したという。

ここに出てくる「HMH Fuse: Algebra 1」残念ながら日本アカウントでは入手不能なのですが、配布地域においてはビューワー無料、中味は$59.99で販売しているという電子教科書アプリです。

続きを読む

iBook2とiBooks Author発表も、いまだ日本のiBookStoreは開店休業状態で電子書籍ビジネスとしてはお話しになりませんw

2012/01/20

iBook2とiBooks Authorの話題がやはり盛り上がっておりますが、それ以前に独自拡張ながら固定レイアウト対応したePub形式も日本版iBookStoreが公開されておらず売り物として取り組める環境が整っていないだけにビジネス的な面でお話しにならない寂しい状況あった訳で、

教科書の新しい形としてアメリカの教育事情を踏まえたアップルからのiBook2とiBooks Authorという提案は非常に素晴らしいものですが、結局日本版iBookStoreという販売経路が提供されていないだけに、日本人には今まで以上の拷問状態みたいなもんです(苦笑)

続きを読む

【告知】今週25日、JAGATのクロスメディア研究会でソーシャルリーディングの分野で有名なQlippyを開発しているスピニングワークスの白形さんと一緒に講演します。

2011/11/21

今週金曜に開催されるJAGAT(日本印刷技術協会)のクロスメディア研究会 のほうで

こういうテーマでソーシャルリーディングの分野で有名なQlippyを開発しているスピニングワークスの白形洋一さんと一緒に講演させてもらう事になってます。

続きを読む