アップルの電子教科書にいち早く対応した出版社3社の教科書コンテンツをダウンロードしてみた。

2012/01/26

iBooks Authorを使った教材制作について先週末から何とか少しづつ時間を作って試行錯誤してみたり、海外で販売されている教科書コンテンツをダウンロードしてみたりと慌しい時間が過ぎております。

このタイミングで教科書の電子化に反対、賛成いろんな意見が当然、ましてや登場したばかりのこのツールが完璧なわけもなく、当然紙のほうが優れている部分だってあります。

電子化を推進したい側からするとこういう教育効果についての数字は大事かと思われ


米カルフォルニア州の中学校で、iPadを利用したデジタル教科書利用者と、紙の教科書利用者の試験的比較調査を行い、結果を発表した。同調査ではiPad利用者が約20ポイント高い成績を残したという。

ここに出てくる「HMH Fuse: Algebra 1」残念ながら日本アカウントでは入手不能なのですが、配布地域においてはビューワー無料、中味は$59.99で販売しているという電子教科書アプリです。

続きを読む

大英図書館の「不思議の国のアリス」手書き原稿本を検索・読み上げ対応させたiPad電子書籍をレビュー

2011/10/08

大英図書館の「eBook Treasures」シリーズ「19th Century Historical Collection」に続いて今度はLewis Carrollの手書き原稿をもとにした「Alice's Adventures Under Ground(不思議の国のアリス)」についてのレビューです。

コストを掛けたくないとか、面倒・手間掛かるという利用者にとってはある意味迷惑な理由から紙面を画像として書き出しただけとか、スキャンしただけの電子書籍が多く出回っているわけですが、確かに経済的な理由はこの世の中において非常に重大判断要因となりえると思いはするけど、情報のデジタル化にあたってユーザへのエクスペリエンスとして、文書内とネット連携した検索なりしおり機能が提供されないともったいない...と思うのです。

続きを読む

大英図書館の蔵書プリント版にiPadアプリから日本のアマゾンに注文1発完了のインパクト

2011/10/08

先週は英国自然博物館が高さが1メートルある大型本を電子書籍化したというニュースとその実物のレポートを書きましたが、

同じく英国の大英図書館がiPad用電子書籍シリーズ「eBook Treasures」として歴史的な価値のある情報をiPad用の電子書籍としてリリースしています。

こちらのエントリでは「19th Century Historical Collection」としてリリースされているアプリをレポートしてみたいと思います。

続きを読む

『僕の子ども絵日記 ながさきの四季』リリースしました!

2011/06/20

谷川さんの中学時代の友人江島さんの作品を電子書籍に!という話しについてはその前振りがこちらのエントリに書かれておりますが、

先週末に無事Appleの審査も通過、軍艦島など、懐かしい長崎の風景を電子書籍で蘇らせたiPad電子書籍アプリケーション『僕の子ども絵日記 ながさきの四季』の提供を開始させていただきました。

本日プレスリリースも配信、谷川さんのほうからも詳しい話がエントリとして出てくるかと思うので、わたしのほうではちょっとした補足と、この事案から見えてきた電子書籍というか電子出版の可能性について少しだけ触れておきたいと思います。

まず、谷川さんのエントリでも触れられていますが、イラストの発色については印刷物よりも画面のほうが良いのでは?という話しがあり、高画質データの格納も技術的には可能ですから、細かいタッチを見せたい、見たいという向きにもこの電子版は向いています。

mzl_hbtrgauo_480x480-75.jpg


続きを読む