INDD 2012 - InDesignユーザーの祭典(2012年7月20日開催)に出演させていただく事になりました

2012/07/04

ホームページ制作にくらべ、電子書籍の制作の現場ではInDesignを触るケースが非常に増えて来ています。

雑誌、印刷物のデータとして提供されるファイル形式としてInDesignで制作されている事案がかなり増えている事と、InDesignはEPUBの書出しに対応している事と、ADPS(Adobe Digital Publishing Suite)を利用したインタラクティブコンテンツを制作する現場においてはInDesign不可欠だからです。

ちなみに、eBookProで発刊した電子書籍アプリ「クラウドおかあさん」もベースになるレイアウトはInDesignでiPhone用とiPad用を作成して、そこから開発工程に持って行って制作しています。

また、eBookProの定番であるJAZZJAPANとMUSICAについても編集部から提供されるデータは基本InDesignで提供され、そこから素材加工や現状はEPUB2での制作を行っていますが、先日谷川さんが書いていたように、この分野にはEPUB3の固定レイアウトでトライする日が来るような気がしています。

続きを読む

【告知】好評につき「EPUB3技術解説セミナー2」として今度はオーディオ・ビデオ埋め込みと固定レイアウト解説セミナーを28日に開催します!

2012/06/13

先日7日に、eBookPro共催で開催させていただいた「EPUB3技術解説セミナー1(固定レイアウト、フォント埋め込み、ウェブフォント)」は、多くの方にご来場いただき、質疑応答も含め大変濃いセミナー開催することが出来ました、ありがとうございます。

この日使用した200頁を超える境さんのePub3についての資料はこちらからごご覧いただけるようになっています。

また、当日の会場の様子を紹介する映像も急遽作成しましたのでご覧いただければと思います。

続きを読む

自社サイトとアマゾン連携を実現したハリー・ポッターの電子書籍販売サイト「Pottermore」から学ぶべきこと

2012/03/29

今日は先日当ブログで紹介した、一般社団法人メディア事業開発会議(MEDIVERSE)の

これを聴講してきました。

時を同じくして「ハリー・ポッター」シリーズの専門サイトPottermoreがハリー・ポッターの電子書籍を販売開始しており、Amazon.comもKindle向け電子版の専用ページを公開しています。

MEDIVERSEのセミナーでは、こちらの資料をベースにAmazonについての考察や解説が行われ、

続きを読む

アップルの電子教科書にいち早く対応した出版社3社の教科書コンテンツをダウンロードしてみた。

2012/01/26

iBooks Authorを使った教材制作について先週末から何とか少しづつ時間を作って試行錯誤してみたり、海外で販売されている教科書コンテンツをダウンロードしてみたりと慌しい時間が過ぎております。

このタイミングで教科書の電子化に反対、賛成いろんな意見が当然、ましてや登場したばかりのこのツールが完璧なわけもなく、当然紙のほうが優れている部分だってあります。

電子化を推進したい側からするとこういう教育効果についての数字は大事かと思われ


米カルフォルニア州の中学校で、iPadを利用したデジタル教科書利用者と、紙の教科書利用者の試験的比較調査を行い、結果を発表した。同調査ではiPad利用者が約20ポイント高い成績を残したという。

ここに出てくる「HMH Fuse: Algebra 1」残念ながら日本アカウントでは入手不能なのですが、配布地域においてはビューワー無料、中味は$59.99で販売しているという電子教科書アプリです。

続きを読む

iBook2とiBooks Author発表も、いまだ日本のiBookStoreは開店休業状態で電子書籍ビジネスとしてはお話しになりませんw

2012/01/20

iBook2とiBooks Authorの話題がやはり盛り上がっておりますが、それ以前に独自拡張ながら固定レイアウト対応したePub形式も日本版iBookStoreが公開されておらず売り物として取り組める環境が整っていないだけにビジネス的な面でお話しにならない寂しい状況あった訳で、

教科書の新しい形としてアメリカの教育事情を踏まえたアップルからのiBook2とiBooks Authorという提案は非常に素晴らしいものですが、結局日本版iBookStoreという販売経路が提供されていないだけに、日本人には今まで以上の拷問状態みたいなもんです(苦笑)

続きを読む

アマゾンが年内に電子書籍事業参入へ、Kindleも投入と日経がトップで報じる

2011/10/20

今日の日経朝刊のトップ、アマゾン、日本で電子書籍の記事をすでに多くの方がご覧になったかと思います。

1__.JPGのサムネール画像
主だった内容としては、アマゾンが小学館、集英社などと詰めの交渉に入っていて、年内にも日本語の電子書籍サイトを開設、スマホなどへの配信の他、キンドルも投入する構えで、すでにPHP研究所とは合意、約1000点の書籍を提供する予定。

講談社、新潮社とも交渉しており1~2ヶ月以内に数社との契約を目指していると報じていますね。

国内電子市場の拡大にこれが弾みになるのは確実で、日経が伝えるとおり、アマゾンはすでに電子書籍以前にクレジット決済顧客を大量に抱えておりこの顧客基盤は、ここ最近参入した国内電子書籍配信サイトは逆立ちしても敵いません。

続きを読む

Kindle Direct PublishingがAmazon.frでも利用可能に

2011/10/11

アマゾンはKindle Direct Publishingでこれまでの配信先(米国、英国、ドイツ)にAmazon.frが追加されたことを利用者にメールで通知しました。

Kindle Direct Publishingを利用中のユーザの管理画面のほうでは自動的にAmazon.frの配信も設定されている様子なので、現在Kindle Direct Publishingを利用中の方で、まだ確認していない方は一度設定を確認しておくと良いでしょう。

今回のAmazon.fr追加によりベルギー、モナコ、ルクセンブルク、スイス、フランスなどヨーロッパ圏へのKindle Direct Publishingでのサービス提供が可能になることでアマゾンとしては35,000以上のフランス語のKindle書籍の提供を予定しているようです。

The Amazon.fr Kindle Store, which also launched today, serves customers in France, Belgium, Monaco, Luxembourg and Switzerland. The French Kindle Store offers customers a vast selection of over 35,000 French-language Kindle books, all 28 L'Express best sellers available in digital--the most in France--hundreds of popular graphic novels and over 4,000 free classics in French.

大英図書館の「不思議の国のアリス」手書き原稿本を検索・読み上げ対応させたiPad電子書籍をレビュー

2011/10/08

大英図書館の「eBook Treasures」シリーズ「19th Century Historical Collection」に続いて今度はLewis Carrollの手書き原稿をもとにした「Alice's Adventures Under Ground(不思議の国のアリス)」についてのレビューです。

コストを掛けたくないとか、面倒・手間掛かるという利用者にとってはある意味迷惑な理由から紙面を画像として書き出しただけとか、スキャンしただけの電子書籍が多く出回っているわけですが、確かに経済的な理由はこの世の中において非常に重大判断要因となりえると思いはするけど、情報のデジタル化にあたってユーザへのエクスペリエンスとして、文書内とネット連携した検索なりしおり機能が提供されないともったいない...と思うのです。

続きを読む

大英図書館の蔵書プリント版にiPadアプリから日本のアマゾンに注文1発完了のインパクト

2011/10/08

先週は英国自然博物館が高さが1メートルある大型本を電子書籍化したというニュースとその実物のレポートを書きましたが、

同じく英国の大英図書館がiPad用電子書籍シリーズ「eBook Treasures」として歴史的な価値のある情報をiPad用の電子書籍としてリリースしています。

こちらのエントリでは「19th Century Historical Collection」としてリリースされているアプリをレポートしてみたいと思います。

続きを読む

【実機映像有り】Kindle Fireは、かなり物欲刺激しますね!

2011/09/29

アマゾンの最新デバイスKindle Fire、写真とかビデオ見るとなかなか購入意欲をそそられる出来栄えのようですw

Kindle Fire:Full Color 7" Multi-touch Display, Wi-Fi

Movies, apps, games, music, reading and more, plus Amazon's revolutionary, cloud-accelerated web browser

  • 18 million movies, TV shows, songs, magazines, and books
  • Amazon Appstore - thousands of popular apps and games
  • Ultra-fast web browsing - Amazon Silk
  • Free cloud storage for all your Amazon content
  • Vibrant color touchscreen with extra-wide viewing angle
  • Fast, powerful dual-core processor
  • Amazon Prime members enjoy unlimited, instant streaming of over 10,000 popular movies and TV shows

こういった感じで、気になるお値段 $199

アマゾンと雑誌社の提携ニュースを見聞きしたときにあまり刺激を受けなかったのですが、こちらのページで紹介されている画面を見ると、ああKindleのほうでもこういう世界が展開されるのか...ってニュースの持っていた意味合いを今理解しました(苦笑)

続きを読む